2016年8月4日木曜日

☆BAY CLUBレポートVol.5☆

 
 
 
 
 
 
 

横浜ベイクォーターでは、ワークショップを通じて新しい発見や人との出会いを楽しんでいただきたい☆という思いから、4月に「BAY CLUB(ベイクラブ)」を発足しました。各店で開催しているさまざまなワークショップを「クラブ活動」に見立てて、8つの「部」にカテゴライズ。今回は、食をテーマに活動する「食いしん坊部」のワークショップをレポートします。
 
 
 
 
 
 

 

718日、塩の専門店「塩屋(まーすやー)」の「塩講座 塩と料理のはなし」が6階ゲストルームで開催されました。受講料は4,000円、塩について深~く知ることができる講座です。
 
 
 
 
 


▲講師は塩についての幅広い知識を持つ「ソルトソムリエ」の木内 伸さん。「現在、ソルトソムリエは塩屋の社内資格ですが、今後、一般に開かれた資格にしていこうということから、この『塩講座』を各店で開催しています。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは、塩についての座学からスタート。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「塩は原料により、大きく3種類に分けられます」←へぇー、へぇー、へぇー!
 
 
 
 
 
 
「塩の味はミネラル成分の割合で、しょっぱ味、甘み、苦み、酸味が強く現れる傾向があります」←えっ!? 塩ってしょっぱいだけじゃないの!?
 
 
 
 

▲参加者はテキストを開いて、熱心にメモをとっていました♪

 
 
 
 
 
 
 
 
 

続いては、塩のテイスティング。形状やミネラルの配合が異なる塩を味わって、その違いを体感します。

 




▲形状が異なる塩をルーペで見ると、立方体、板状、ピラミッド型、パウダー状などいろいろ
 
 
 
 
 
 
 
最後は、塩と料理の相性を実食して確認します。塩だけで味わった印象と、食材につけて食べた印象がかなり違うんです。また、肉、野菜、ごはんに同じ塩をつけて食べても、まったく味わいが変わります。
 
 
 
 

▲ごはん・サラダ・ローストビーフにいろいろな塩をつけて食べ比べ
 
 
 
 
 
 
 
「塩には料理との相性があります。塩そのものに“良い・悪い”があるわけではなく、相性を考えて“使い分ける”ことが大切です」と、木内さん。塩って奥が深いんですね!
 
 
 
 
 
参加者の女性からは、「食べることが好きで塩について勉強したいと思い、参加しました。ミネラルなどの成分は気にしたことがなかったので、今後、塩選びの際に役立てたい」との感想をいただきました。
 
 
 
 
 
 

▲お土産は、パウダー状の「雪塩」(左上)と塩屋オリジナル商品「合わせ塩」、講座で使ったテキスト「塩の話」(右)
 
 
 
 
 
 
塩講座の後は、3階の店舗に移動して、試食した塩についておさらい。塩屋では、約360種類もの塩を含め、塩に関する約730アイテムを取り扱っているんですって。店内の塩はすべて試食ができます。ソルトソムリエや塩アドバイザーが、料理や食材に合う塩を提案してくれますので、お気に入りの一品を探してみてください♪
 
 
 
 
 

  ▲季節に応じておすすめの塩を提案する「PICK UPコーナー」

 
 
 




「塩屋」の店舗情報はこちら
 



 

「塩屋」では、今後も2ヵ月に1回程度「塩講座」を開催する予定です。「BAY CLUB」の活動予定のページをチェックしてくださいね\(^o^)



 
 
 




横浜ベイクォーター「BAY CLUB」では、「食いしん坊部」のほかにもさまざまなワークショップを開催しています。自分に合うワークショップを探して参加してみてください☆

 

今後の活動予定はこちら